【2018年度決算】関西大手私鉄4社、南海以外の3社が増収

2019年5月15日、関西大手私鉄4社(南海・京阪・近鉄・阪急阪神)の2018年における事業成績が出揃いましたので、簡単にまとめてみました。

南海以外の3社が増収となっています。

 

近鉄>阪急阪神>京阪>南海の結果に

 

近鉄

今回の決算で、もっとも好決算だったのはなんと言っても近鉄グループホールディングス。

売上高1兆円キープ、利益21%増と大躍進となりました!不動産とあべのハルカス(近鉄百貨店の他、美術館や都ホテルも)が好調なようです。

 

阪急阪神

次いで好調だったのが阪急阪神ホールディングス。

純利益こそ北神急行の精算絡みの特別損失(一時的な損失)を計上したせいでマイナスになったものの、運輸・不動産・エンターテインメントといずれも営業面が非常に好調な結果となっています。

宝塚歌劇団月組による「エリザベート」公演が好調で現劇場完成後から過去最高の入場者数となったようです。

 

京阪

京阪ホールディングスもまずまずの成績。運輸業では相変わらず好調なプレミアムカーの他、バス事業の躍進も目立ちました。

台風や地震などの自然災害の影響を特にレジャー業や運輸業で大きく受けた結果、当期純利益こそ前年度割れだったものの、売上高・経常利益共に前年度を上回りました。

【京阪HD】2019年3月期決算は自然災害にも負けず、7期連続の最高売上高を更新

 

 

南海

今回、4社の中で唯一前年度割れとなったのが南海電鉄。

運輸業自体は尾崎駅炎上にも関わらずインバウンド輸送などのおかげで好調でしたが、不動産事業における住宅販売事業の見直し(林間田園都市?)の評価損計上で大幅にブレーキがかかりました。

【南海】2019年3月期決算は売上高0.2%減、純利益11.5%マイナス…不動産業が要因