【決算】表示灯、2018年度は8億3558万円の純利益(黒字)を計上


鉄道駅などにある駅周辺案内地図と広告枠を設置している表示灯株式会社が2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は8億3558万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は43億6580万円でした。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 10億5500万円 37億6200万円
2018年度 8億3558万円 43億6580万円

前年度との比較。当期純利益は前年度より約2億円マイナスの数値となりました。

 

表示灯株式会社の事業のうちこの周辺地図については、地図で利用者の便宜を図ると共に広告枠を設置し、地元企業からの広告収益を得る…というビジネスモデルを作り上げています。

Osaka Metro各駅でも積極的に展開しています。

 

 

前年度リンク

【決算】表示灯、2018年度は8億3558万円の純利益(黒字)を計上