【決算】大阪マルビル、2019年度は4億9700万円の純利益(黒字)を計上


大阪梅田にそびえ立つ高層ビル「大阪マルビル」を運営する株式会社大阪マルビルが、2019年度(経済用語では2020年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は32億8800万円、純利益(黒字)額は4億9700万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は10億4300万円でした。

 

概要

大阪マルビルは、梅田の歴史を紐解くと必ずその名前が出る地主「吉本氏」の分家にあたる吉本晴彦氏が1976年に設立した高層ビルです。円形のユニークな形状や、梅田の高層ビルの先駆けとして著名な建物でもあります。

一時は債務超過に陥ったことから大和ハウス工業がスポンサーに名乗りを上げて同社の子会社となり、子息である吉本晴之氏が代表取締役を務められているようです。

前年度から売上・純利益ともやや減らした数値での着地となっています。

 

関連リンク

【決算】大阪マルビル、2018年度は6億2700万円の純利益(黒字)を計上