【決算】ロッテリア、2018年度は1.9億円の純損失(赤字)を計上


ハンバーガーなどのファーストフード店を展開する株式会社ロッテリアが2018年度(経済用語では2019年3月期といいます)の決算公告を発表しました。

それによると、今期の純損失(赤字)額は1億9100万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は▲22億4800万円でした。

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 ▲8億4600万円
2018年度 ▲1億9100万円 ▲22億4800万円

前年度との比較。前年度より約7億円の純損失額縮小となりました。

 

韓国において大きな影響力を持つ(売上は韓国が9割)ロッテグループの中のファーストフード店事業担当となるロッテリアですが、近年は縮小が続いています。

2007年時点で469店舗あったのが、2017年時点で370店舗、2019年7月時点では344店舗にまで減少。

今年度は純損失額が7億円圧縮された▲1億9100万円となりましたが、単独だと俄然厳しい状態です。