【決算】甲南チケット、2019年度は7000万円の純利益(黒字)を計上


金券ショップ販売大手の株式会社甲南チケットが、2019年度(経済用語では2020年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は7000万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や棚卸資産、土地の評価額などのこと)は10億8400万円でした。

 

 

昨年度との比較

 

当期純利益 利益剰余金
2017年度 1400万円 9億5300万円
2018年度 5900万円 10億1300万円
2019年度 7000万円 10億8400万円

前年度との比較。前年度から小幅続伸となりました。

 

甲南チケットは大阪を中心に近畿圏と東京に36店舗を置く金券ショップ販売の大手企業です。鉄道系切符の他にも切手やコンサートチケットの販売もしています。

これまで株式会社オリエントコーポレーションの連結子会社である株式会社オートリが全株式を保有している子会社でしたが、2018年6月に富岡開発株式会社に譲渡されることとなり、それにあわせて大阪にあった本社を長野県へと移設しています。

 

2018年10月からJR西日本では「昼間特割きっぷ」の廃止をはじめるなど、同社の主力商品が削られることへの影響もあると思われましたが、今期に関しては黒字を維持しているようです。

 

 

関連リンク

【決算】甲南チケット、2018年度は5900万円の純利益(黒字)を計上

【決算】甲南チケット、2017年度は1400万円の純利益(黒字)を計上