和歌山電鐵、1億166万円の赤字を計上(2020年度)


和歌山県内を走り、ねこの駅長で有名な和歌山電鐵株式会社が2020年度(経済用語では2019年3月期といいます)の発表しました。

それによると今期の純損益(赤字)額は1億166万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は▲1億5061万円の債務超過となりました。

 

概要・比較

当期純利益 利益剰余金
2018年度 ▲3533万7000円 ▲5050万2000円
2019年度 155万1000円 ▲4895万1000円
2020年度 ▲1億166万円 ▲1億5061万円

過去3年との比較。今期は赤字が拡大しています。

 

 

和歌山電鐵は、和歌山駅から貴志駅間を結ぶ岡山電気軌道の子会社です。

元々は南海電鉄貴志川線でしたが、廃止を表明した際に存続を願う地元運動が活発化。岡山電気軌道が最終的に名乗りを挙げて同社傘下に収まった経緯があります。

その後は駅長に猫の「たま駅長」を起用したり、電車にかわいいラッピング・内装リニューアルを行うなどして沿線の活性化に尽力。

 

最近では鬼滅の刃の登場キャラ名と自社駅名が似ていることから、駅名標をいじったりするなど様々な利用促進策を実施しています。

 

 

関連リンク

「甘露寺前駅」が鬼滅の刃の聖地に?駅名看板まで変える徹底ぶり

智頭急行、23年ぶりの赤字を計上(2020年度)