大阪港トランスポートシステム、1.6億円の黒字を計上(2021年度)


かつて大阪港~コスモスクエア・コスモスクエア~中ふ頭間の鉄道事業を行っていた株式会社大阪港トランスポートシステムが、2021年度(経済用語では2022年3月期といいます)の決算を発表しました。

それによると、今期の売上高は14億29250万円、純利益(黒字)額は1億6605万円、利益剰余金(これまで貯めているお金や土地資産などのこと)は41億9484万円でした。

 

昨年度との比較

当期純利益 利益剰余金
2017年度 7億7862万円 30億6943万円
2018年度 2億8499万円 32億1442万円
2019年度 7億5254万円 38億2697万円
2020年度 3億7182万円 40億5879万円
2021年度 1億6605万円 41億9484万円

過去5年の比較。当期純利益は前年度より2億円マイナスの1.6億円となりました。

 

解説

OTSは、第三種鉄道事業者として大阪港~コスモスクエア~中ふ頭間の施設を保有し、Osaka Metroより線路使用料を受け取っている所謂「トンネル会社」ですが、かつては全て自社で運行まで行っていました。

鉄道事業の他、大阪南港トラックターミナルの管理や流通倉庫の管理などを行っており、こちらのほうが主力といえそうです。

出典:大阪港トランスポートシステム「北港テクノポート線(仮称)夢洲駅の基本デザインを決定」2022年4月27日

現在は2025年に開業予定の夢咲トンネルと夢洲駅の工事・施工管理を担当しており、4月に出されたリリースはファンや関係者を大いに沸かせました。

2025年の大阪万博では夢洲が舞台となりますが、そこへのアクセス路線はこのOTSが保有する形になっており、今後Osaka Metroからの通過料金増収が見込まれます。

 

前年度リンク

大阪港トランスポートシステム、3.7億円の黒字を計上(2020年度)

【決算】大阪港トランスポートシステム、2019年度は7億5254万円の純利益(黒字)を計上

 

参考文献

大阪港トランスポートシステム「決算状況(令和3年度)