【決算】北神急行電鉄、2019年度は4億1800万円の純利益(黒字)を計上


先日神戸市交通局へ移管された北神急行電鉄株式会社が2019年度(経済用語では2020年3月期といいます)の決算公告を発表しました。

それによると、今期の純利益(黒字)額は4億1800万円、利益剰余金(これまでの借金)は▲346億7900万円でした。

 

当期純利益 利益剰余金
2017年度 1億3500万円 ▲279億1300万円
2018年度 ▲73億5100万円 ▲350億9800万円
2019年度 4億1800万円 ▲346億7900万円

過去三年の比較。

 

さようなら北神急行

北神急行電鉄は単年度の利益こそ1億円の黒字でしたが、累積の債務が280億円近くありました。(=全て返し終えるには280年かかる計算)

また、神戸市交通局が谷上駅までの一体化による運賃低廉化を狙っていたこともあり、2020年5月末をもって北神急行電鉄株式会社としての運行は終了しました。

つまり、年間での決算は今期が最後ということになります。

 

 

関連記事

【まもなく】北神急行電鉄、最後の日。明日からは「神戸市営地下鉄北神線」へ

【決算】北神急行電鉄、2017年度は1億3500万円の純利益(黒字)を計上

【北神急行】神戸市営地下鉄化を認可。6月から「神戸市営地下鉄北神線」になり270円割引へ